破面篇

ワンダーワイス・マルジェラ

ワンダーワイス・マルジェラは山本元柳斎の斬魄刀「流刃若火」を封じるためだけに作られた唯一の改造破面(アランカル)。その能力一つのためにワンダーワイスは言葉も知識も記憶も理性すらも失った。大きさは人間大で額に小さな王冠のような仮面の名残を残している。

続きを読む

イールフォルト・グランツ

イールフォルト・グランツはグリムジョーの従属官(フラシオン)の一人。外見は頭部に仮面の一部を残した金髪の美男子で死神のことを「兄弟」と呼びながらも見下して高笑いしている。破面・No.8(アランカル・オクターバ)であるザエルアポロ・グランツの兄だが弟には「カス」呼ばわりされている。

続きを読む

エドラド・リオネス

エドラド・リオネスはグリムジョーの従属官(フラシオン)の一人で左半分坊主・右半分長髪で鼻に仮面の一部が残った巨大な破面(アランカル)。グリムジョーに連れられ現世に赴いた際に斑目一角と交戦し優位に戦うものの一角の卍解・龍紋鬼灯丸に腕と胴体を吹き飛ばされ敗北した。

続きを読む

志波一心

志波一心は黒崎一心の死神時代の名。志波家の分家の出で約20年前の護廷十三隊・十番隊隊長。現在死神化した際は隊長時代に身につけていた羽織の一部を左腕に縛り付けている。

続きを読む

大前田希ノ進

大前田希ノ進は110年前の護廷十三隊二番隊副隊長にして隠密機動第二分隊「警邏隊」隊長。希千代の父親でその階級と役職をそっくりそのまま希千代が継いだことになる。さらに身長・体重・誕生日まで希千代と同じである。

続きを読む