龍紋鬼灯丸

龍紋鬼灯丸(りゅうもんほおずきまる)は斑目一角の斬魄刀・鬼灯丸の卍解。左右と後ろにそれぞれ形状の違う鎖でつながった巨大な刃物が現れるパワーのみに特化した卍解。異常な攻撃力を持つ反面、耐久力は卍解としては非常に脆く攻撃を払われただけで刀身が壊れてしまうほど。

後ろの刃物には龍の紋様が彫られており、攻撃するか攻撃を受けるかして龍紋鬼灯丸に衝撃が与えられると紋様が紅く染まっていきそれに伴い霊圧が解放されていく。

登場当初は隊長・副隊長以外の唯一の卍解ということや「楽しむための戦い」を好む一角らしい能力からも人気だったが、後に明らかになった「壊れた卍解は元には戻らない」という設定から、戦闘の度に壊れてその性能を著しく低下させていく龍紋鬼灯丸は全卍解中最弱の呼び声が高くなった。

攻撃力


ゲージが全く溜まっていない状態でも破面エドラド・リオネスの頑丈な鋼皮(イエロ)に傷をつけるほどであり、ゲージを最大まで溜めるとエドラドの胴体を吹き飛ばすほどの威力を発揮した。

攻撃速度


対峙したエドラドも語っているが速力は全く上がらないため使い手の能力に依存している。

特殊能力


「ゲージが溜まることで霊圧が増す」という能力が付加されているが、とどのつまり攻撃力が高い(しかもさらに上昇する)だけであって特異な戦法をとったり相手を惑わせたりするわけでもない。

希少性


卍解にもかかわらずこれといった能力もなく主に形状が変化するだけというのはかえって珍しいだろう。さらに「卍解状態での破損は誰にも完全に元に戻すことはできない」にもかかわらず最初から戦いの度に毎回壊れることを前提としている卍解はこの先も龍紋鬼灯丸を除いて他にないだろう。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加