天鎖斬月

天鎖斬月(てんさざんげつ)は黒崎一護の斬魄刀・斬月の卍解の名。卍型の鍔に柄頭に鎖のついた漆黒の刀で、大きさは封印状態の斬魄刀程度と一般的な卍解に比べ非常に小型だが、卍解としての戦力の全てをその小さな形に凝縮することで卍解最大戦力での超速戦闘を可能にしている。

また、卍解とともに一護の死覇装も変化するのが特徴で、具象化した斬月の着ている黒いロングコートに似たものとなっている。また、莫大な霊力の消費から隊長格ですら卍解状態を長時間維持するのは難しいとされている中で、天鎖斬月はその小型形状ゆえか比較的長時間の戦闘も多く見られる。

卍解習得直後は超速移動だけが天鎖斬月の能力かに思われたが一護の中の虚(ホロウ)が卍解状態で放つ黒い月牙天衝(げつがてんしょう)を見せたことを初めに一護も使用するようになった。ウルキオラとの2度目の戦いでは月牙を天鎖斬月に纏わせたまま直接斬りつけるという使い方もしている。

天鎖斬月の本体

一護が「最後の月牙天衝」を聞き出すために卍解状態のまま己の精神世界に入った際に出会う。始解状態の際に出会った斬月のオッサンとは姿かたちが異なっており、漆黒のコートに頭をすっぽりと覆うフードをかぶっている若者の姿をしている。

攻撃力


天鎖斬月の形態で放つ黒い月牙天衝は黒虚閃(セロ・オスキュラス)に酷似しており卍解状態の斬魄刀の中でもトップクラスの破壊力を持つ。自らの霊圧を圧縮したもののため使い手の霊圧の大きさに依存するものの、虚化状態での黒い月牙はグリムジョー・ジャガージャックに大きなダメージを与えたほど。

攻撃速度


使い手の速力が大幅に上昇するのが天鎖斬月の最大の能力で、朽木白哉と戦った際は手掌で操ることで速力を2倍にした千本桜景厳の攻撃を全てはたき落としている。

特殊能力


パワーとスピードを兼ね備えた卍解だが、能力自体は速力の上昇と刃先から霊圧を飛ばすという非常にシンプルなものとなっている。

希少性


基本的に巨大なものとなる卍解の中で小型化するのは天鎖斬月を除けば山本元柳斎重國の残火の太刀だけしか登場していない。さらに使い手自身の速力を上昇させたり死覇装すら卍解の一部となっているものは天鎖斬月のみである。

なお、朽木白哉は天鎖斬月を見た際その小ささに納得できていなかったが、後に残火の太刀が登場するとネット上で激しいツッコミにさらされた。

黒い月牙天衝

技の原理は始解時同様だが色が黒くなっており破壊力も飛躍的に上昇している。一護の中の虚が最初にこの技を使えた理由は今まで斬月のように振舞っていたのは一護の中の滅却師(ちから)の力であり、虚だと思っていた存在こそが一護の本当の斬魄刀の本体・斬月であったためとなっている。

しかし黒い月牙天衝を使うほどに一護の中の内なる虚を呼び出してしまい実際に虚化したり、そもそも卍解の習得の修行で戦っていたのは斬月のオッサンだったりとツッコミはじめるとキリがないので納得しておこう。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加