綾瀬川弓親

綾瀬川弓親は護廷十三隊・十一番隊第五席の死神。極度のナルシストで美しいものを好むが井上織姫を見た際はあまりの美しさに嫉妬してしまった。実力的には第四席だが「四」の字が美しくないという理由で第五席に甘んじている。本当は「三」の字が最も美しいと感じているが「三」は一角のものだとしている。

斬魄刀の能力は鬼道系だが十一番隊の暗黙の了解で「斬魄刀は直接攻撃系」と決まっており、鬼道系の斬魄刀は持っているだけで腰抜け扱いされるため一角や剣八には特に知られたくなく普段は能力を中途半端にしか解放しない。

霊圧


一護たちが尸魂界(ソウル・ソサエティ)に侵入した際は岩鷲に花火で倒されたあげくそのせいで髪がアフロのようになってしまうなどもはやギャグになってしまっていたが、檜佐木修兵と戦った際は真の能力を解放してあっという間に勝利を収めており副官クラスの実力を持っていることが伺える。

攻撃力


もともとが直接攻撃系でない斬魄刀を白兵戦に使用しているためそのままでは活躍が少ない。しかし敵がその場を外界から隔離するような能力を使用した場合などは容赦なく真の能力を解放し大活躍する。

タフさ


岩鷲の投げつけた花火がどれほどの威力だったのかは不明だが花火で倒されてしまうということ自体ギャグとしか言いようがない。しかし檜佐木修兵やシャルロッテ・クールホーンと戦った際は中途半端な能力で持ちこたえており、それなりにタフなことがわかる。

速力


ひたすら逃げ続ける岩鷲に傷を与えながら追い回し続けた。さらに追い回すのに飽きると一瞬で背後を取るなどまともに戦えば相手にならないほどの実力差があることが伺える。

戦闘技術


真の能力を解放した際は毎度あっという間に勝利を収めておりその実力の高さが伺える。図らずも斬魄刀を中途半端に解放させることで敵に能力を誤認させることができているほか、戦う相手との相性にも恵まれている。

プロフィール

  • 誕生日 9月19日
  • 星座 おとめ座
  • 身長 169cm
  • 体重 56kg

始解 藤孔雀

解号:咲け

藤孔雀は弓親が考えた瑠璃色孔雀のあだ名。瑠璃色孔雀の嫌いな色である「藤」をつけたあだ名にすることで嫌がって中途半端な解放になり、4枚の刀身を持つショーテル状の武器に変化する。

しかし嫌なあだ名でよく反応してくれるものだ。

始解 瑠璃色孔雀

解号:裂き狂え

弓親の斬魄刀の真の名前。こちらの名で呼ぶことで完全に始解し能力の使用が可能になる。刀身から植物の蔓のようなものを発して敵に巻きつけ、霊力を吸収する能力を持つ。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加