雛森桃

雛森桃は護廷十三隊・五番隊の副隊長。西流魂街一地区「潤林安」出身で日番谷冬獅郎とは当時からの幼馴染で当時は「シロちゃん」と呼んでいた。隊長・副隊長となった現在は「日番谷くん」と呼ぶようになったものの日番谷には「日番谷隊長」と呼ぶよう何度も注意されている。

恋次・吉良とは真央霊術院の同期で檜佐木は先輩にあたる。現世での魂葬実習で巨大虚(ヒュージ・ホロウ)に襲われた際に藍染惣右介に助けられたことをきっかけに彼のことを敬愛し、藍染の役に立つために死に物狂いで努力し副隊長となった。

しかし実際はその性質から藍染に御し易いと判断され直属の部下として利用されていたに過ぎず、用済みになると吉良や日番谷と潰し合わされあげく敬愛した藍染本人の刃に貫かれた。その後も一命はとりとめたものの藍染の変貌を受け入れることができず「藍染隊長」と呼び続けた。

霊圧


藍染に心酔しすぎているためいいように振り回されて死にかけることも多い。作者に嫌われているのではないかというほど心にも体にも傷を負ってボロボロになっているが、鬼道の達人でもあり副隊長に恥じぬ実力は持っているようだ。

攻撃力


破面のアパッチ・ミラローズ・スンスンと戦った際は独自にいくつもの鬼道を組み合わせて動きを封じて飛梅を直撃させた。ダメージは帰刃(レクレスシオン)によってすぐに回復されてしまったが、3人にアヨンを出す必要性を感じさせたのはさすがというべきだろう。

タフさ


藍染に一撃で突き抜かれたり、アヨンに一撃で戦闘不能にされたり、鏡花水月の能力で見誤らされた日番谷に卍解で貫かれたりと圧倒的強者の攻撃で散々な目に合っているため、攻撃を堪えるシーンがほとんどなくタフなイメージが持てない。

速力


詳細な描写はないが副隊長なのだからそれなりに瞬歩は使えるのではないだろうか。

戦闘技術


多彩な鬼道を使うだけでなく独自の組み合わせを開発するなど術の幅が広く、戦闘に加勢する前に辺りに鬼道の網を張り巡らせておくなど用意周到な面もある。

プロフィール

  • 誕生日 6月3日
  • 星座 ふたご座
  • 身長 151cm
  • 体重 39kg
  • 好きな食べ物 桃
  • 嫌いな食べ物 すもも

始解 飛梅

解号:弾け

解放すると七支刀になり刀身から火の玉を放つ炎熱系の斬魄刀。アパッチ・ミラローズ・スンスンとの戦いでは伏火に赤火砲を練り合わせたものを張り巡らせ飛梅で着火することで大規模な爆発を引き起こした。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加