ロイド・ロイド

星十字騎士団(シュテルンリッター)の一員。出産に立ち会った医師どころか実の両親ですら区別がつかないほどよく似た一卵性双生児の双子で兄のロイド(Loyd)と弟のロイド(Royd)がいる。どちらも性はロイドで外見はスキンヘッドと額にある第三の目が特徴。

2人ともユーハバッハから与えられた聖文字(シュリフト)は「Y」で、意味と能力は『貴方自身(ジ・ユアセルフ)』。

“L”のロイド・ロイド

双子の兄の方。相手の姿形と力・技術の全てを真似ることができる能力を持つ。更木剣八に化けて剣八自身と戦ったが、剣八に化けたロイドよりもさらに強くなった剣八に倒された。

“R”のロイド・ロイド

双子の弟の方。相手の姿形と記憶・精神の全てを真似ることができる能力を持つ。ユーハバッハに化けて剣八をいとも簡単に倒し、ユーハバッハが藍染と会っている間元柳斎と戦ったが、元柳斎の卍解によって倒された。

その後現れた本物のユーハバッハに「よくやった」と賛辞を受けたことに感涙しながら、ユーハバッハ自身の手によって消滅させられた。

以下能力分析は戦闘描写のあった”R”のロイド・ロイドについて。

霊圧


あまりにも相手が悪かったが、卍解した元柳斎には手も足も出ずほぼ完全に後手に回っていた。

攻撃力


結局元柳斎に一太刀も浴びせられないまま倒されてしまった。

タフさ


流刃若火を素手で受け止め、一万五千度の熱を纏う残日獄衣の至近距離にいても無事なほどの静血装(ブルート・ヴェーネ)の強度を持っていた。

速力


攻撃を仕掛ける機会もほぼなく、終始ペースを握られっぱなしだった。相手が元柳斎だったためそれも仕方のないところではあるが。

戦闘技術


負けてしまったとはいえ「ユーハバッハの用が済むまで元柳斎の足止めをしておく」という当初の目的は完全に達成している。

貴方自身(ジ・ユアセルフ)

どちらも相手の姿形を真似ることができる能力だが、それに加え”L”のロイドは相手の力と技術の全てを、”R”のロイドは記憶と精神の全てを真似ることができる。

神聖滅矢(ハイリッヒ・プファイル)

霊子の矢を放つ滅却師の基本的な攻撃方法。霊子兵装を用いず直接手から創りだして発射していた。

聖域礼賛(ザンクト・ツヴィンガー)

滅却師の攻防一体の極大防御呪法。掌から出現させたローマ数字が書かれた4本の小さな柱を使って発動させ、踏み込んだものを神の光によって斬り刻む領域を周囲に展開する。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加