疋殺地蔵(あしそぎじぞう)

疋殺地蔵(あしそぎじぞう)は涅マユリの斬魄刀で解放するとうねった三本の刀身と根元に赤子の顔が浮かんだような形状に変化する。斬りつけた相手の脳から出る信号のうち「四肢を動かせ」という命令のみを検出して遮断する能力を持つ。神経を麻痺させているわけではないため痛みはまったく消えず傷を治癒しても効果が消えることはない。

攻撃力


形状こそ変化するものの攻撃力自体は封印状態の斬魄刀と大差ないだろう。強いて言えば数ある斬魄刀の中でも見た目が強烈にグロテスクなため相手に精神的な苦痛は与えられるかもしれないが。

攻撃速度


敵を斬ることで初めて能力が発動するタイプのため速度にも変化はない。そのため疋殺地蔵の力を十分に発揮するためには自力で相手と互角以上に渡り合えなければならないだろう。

特殊能力


雨竜は乱装天傀(らんそうてんがい)によって動かないはずの四肢を動かしたが、基本的には攻撃を当てさえすれば四肢の動かない敵には為す術がなくなる優秀な能力。相手を殺さずに捕らえて研究体としたいマユリにとってはうってつけの能力だといえる。

希少性


敵の体の自由を奪う能力自体珍しくはないし、格下相手を実験体として捕らえるにしてもマユリほどの実力者であれば斬魄刀の能力がこれでなくても縛道系の鬼道でも十分なのではないだろうか。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加