斬魄刀

狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)

狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)は阿散井恋次の持つ斬魄刀・蛇尾丸の卍解。巨大な蛇の骨のような形状をした無数の刃節が霊圧によって繋がれており恋次自身は狒狒の骨と毛皮を身に纏う。扱いは始解時とさほど変わらないが一撃の圧が増しているほか刃節が霊圧で繋がれているため連結を断ち切る事ができなくなっている。

続きを読む

最後の月牙天衝

最後の月牙天衝は黒崎一護が藍染との最終決戦を前に断界で会得した技。発動すると一護は黒髪のロングヘアーとなり、口から上半身まで晒を纏い右腕と斬魄刀が融合した姿となる。その力は崩玉を完全覚醒させた藍染よりもさらに上の次元に達していた。

続きを読む

月牙天衝(げつがてんしょう)

月牙天衝は黒崎一護の斬魄刀・斬月の唯一の技。斬撃の瞬間に一護の霊圧を喰って刃先から超高密度の霊圧を放出することで斬撃そのものを巨大化して放つ。一護自身どうやって撃っているかもわからず狙って撃つことができなかったが卍解習得のための斬月との修行でようやく己の意志で撃てるようになった。

続きを読む

花天狂骨(かてんきょうこつ)

花天狂骨(かてんきょうこつ)は京楽春水の持つ二刀一対の斬魄刀。解号は「花風紊れて花神啼き 天風紊れて天魔嗤う(はなかぜみだれてかしんなき てんぷうみだれててんまわらう)」と、非常に長いうえ命令形で終わっていない珍しいものとなっている。また、卍解は浮竹いわく「こんな人目につく場所で使うもんじゃない」らしい。

続きを読む

双魚理(そうぎょのことわり)

双魚理(そうぎょのことわり)は浮竹十四郎の持つ二刀一対の斬魄刀。封印時は一振りの刀だが解放とともに二振りの逆十手状の柄どうしが縄で繋がれた形状になる。解号は「波悉く我が盾となれ 雷悉く我が刃となれ(なみことごとくわがたてとなれ いかずちことごとくわがやいばとなれ)」と全斬魄刀のなかでも屈指の長さとなっている。

続きを読む

氷輪丸

氷輪丸は日番谷冬獅郎の持つ氷雪系最強の斬魄刀。普通の刀よりも刀身がやや長く、小柄な日番谷の身長に対してはかなりの長さとなってしまうため腰に刺さず背負っている。解号は「霜天に坐せ」とそれまでに登場した斬魄刀の動詞1単語のみという括りから外れいる。卍解は大紅蓮氷輪丸

続きを読む