黒縄天譴明王(こくじょうてんげんみょうおう)

黒縄天譴明王(こくじょうてんげんみょうおう)は狛村左陣の斬魄刀・天譴(てんけん)の卍解。天譴で具現化されていた腕が全身になったような能力で、狛村の動きに連動して動く鎧兜を身に纏った巨人・明王を召喚する。

使い手と斬魄刀のリンクが非常に強く明王が負ったダメージはそのまま狛村にも反映される反面、狛村の回復に伴って黒縄天譴明王も回復するため卍解状態で破損しても直すことのできる唯一の斬魄刀でもある。

攻撃力


その巨体から繰り出される攻撃は凄まじく帰刃(レクレスシオン)状態の破面(アカンカル)チーノン・ポウを一撃のもとに叩き伏せた。

攻撃速度


とてつもない巨体のため一見動きは鈍そうだが狛村自身の動きとリンクしているため体の一部のように自在に動かすことができる。しかし屋内では黒縄天譴明王を召喚しただけで建物を壊してしまうため使用できる場所が限られている。

特殊能力


狛村自身の攻撃と明王の攻撃を同時に行うことができるが間合いが明らかに違うため結局どちらか一方で敵を狙うことになる。受けるダメージすらリンクしているため狛村自身が巨大化したのとさほど変わりないのではないか。

希少性


「卍解状態での破損は誰にも完全に元に戻すことはできない」というルールを度外視する唯一の卍解。金色疋殺地蔵(こんじきあしそぎじぞう)も何度か破壊されているがマユリは「直している」のではなく「改造(なお)している」らしい。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加