狛村左陣

狛村左陣は護廷十三隊・七番隊の隊長。実は人狼であるためその姿ゆえに疎まれ孤独であったが、山本元柳斎に拾われその恩義に報いるために死神になった。当初は鉄笠に手甲を着用して素顔どころか肌も見せなかったが剣八との戦い以降は隠さなくなった。

尸魂界(ソウル・ソサエティ)篇では更木剣八との戦いのさなか藍染の謀反を知り駆けつけるも一蹴され、破面(アランカル)篇では空座町の決戦で檜佐木とともに東仙を倒した後和解するも直後に東仙を殺され逆上するがなす術なく藍染に倒される。

千年血戦篇では星十字騎士団(シュテルンリッター)の一人バンビエッタと対峙するも卍解を奪われ重傷を負い、完治後は大爺様と呼ばれる狛村以上に巨大な犬に秘伝を授かろうとするも拒否され戦闘になる。

東仙との友情

元九番隊隊長の東仙要とは死神となる前に出会った親友で狛村が護廷十三隊に入隊した際は再会を喜んだ。東仙とはかつて互いに死神になった理由を語らっており、亡き友人の愛した世界を守るという言葉の裏に愛しい者を亡くした世界を憎んでいることを察したが、だからこそ東仙の心の拠り所となり悲しみも喜びも分かち合おうと決めた。

霊圧


巨大な体躯から繰り出されるパワーと霊圧を武器に戦う仁義の隊長。しかし犬だけにかませ犬となることも多く特に藍染には二度に渡って瞬殺されている。

攻撃力


斬魄刀の能力は完全にパワー依存したものでその威力は東仙にも「その巨大な破壊力ゆえに敵を一撃で倒せぬことなど考えたことがなかったのだろう」と言われている。

タフさ


頑丈そうな外見の割にあっけなくやられることもありイマイチタフさが感じられない。しかしカラブリ+のデータでは鬼道も100点中50点と極端に苦手としているため肉弾戦闘はとりえのはずである。

速力


スピードで翻弄するような戦い方はとらず正面からパワーで粉砕することを好む。

戦闘技術


能力的にも正々堂々戦うのに適しているのかもしれないが、頭に血が昇ると怒りに任せて突進してしまうくせがありもはや狛村が瞬殺される際のフラグとなっている。

プロフィール

身長・体重ともに初期のデータと後に出たデータでかなり巨大化している。こう見えてきっと成長期なのだろう。

  • 誕生日 8月23日
  • 星座 しし座
  • 身長 235cm→288cm
  • 体重 180kg→301kg
  • 好きな食べ物 肉
  • 嫌いな食べ物 ニンジン

始解 天譴(てんけん)

解号:轟け(とどろけ)

自身の動作に合わせて巨大な腕を具現化し敵を叩き潰す一撃を繰り出す。

卍解 黒縄天譴明王(こくじょうてんげんみょうおう)

背後に自身の動作に合わせて動く鎧兜の巨人・明王を召喚する。この明王は狛村と強くリンクされていて明王が傷つけば狛村も同じ部位に傷を負う反面、狛村の傷が癒えれば明王もまた回復するという特徴を持つ。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加