檜佐木修兵

檜佐木修兵は護廷十三隊九番隊の副隊長。左頬の「69」の刺青、横向きに鼻筋を通る灰色のテープ、顔の右側の三本線の傷が特徴の美男子で死覇装は袖のないタイプになっている。首と両上腕部にそれぞれ首輪と腕輪をしており、相手に投げると爆竹のように炸裂して目くらましになる。

真央霊術院の入学試験には二度落ちているものの在学中には護廷十三隊への入隊が内定しており、当時から席官入り確実といわれた優等生だった。学生時代に下級生の実習に同行した際、恋次・吉良・雛森と出会っており、顔の傷はその際突如出現した巨大虚(ヒュージ・ホロウ)によってつけられたもの。

戦いを忌み嫌い平和を愛する上官の東仙を尊敬しており「自分の剣に怯えぬ者に剣を握る資格は無い」という東仙の言葉は彼の心に深く刻まれている。それだけに東仙の謀反をにわかには信じられず驚愕した。

「69」の刺青

110年前、流魂街に住んでいたころに虚の襲撃を受けた際、偶然通りかかった当時の九番隊隊長である六車拳西に助けられたことによる彼への憧れに由来する。決して変な意味ではないので誤解しないように。(キリッ)

檜佐木自身もクールで硬派である。が、おまけページなどでは乱菊の卑猥な妄想を膨らませて鼻血を噴き出すなどスケベ野郎になっていることはここだけの話。

霊圧


乱菊曰く「美男で手だれ」と言えば彼しか居ないという実力者で、その言葉通り作中でもあっけないやられ方はせずに副隊長としての面子を保っている珍しいキャラ。

攻撃力


パワー押しよりも風死の特殊な形状を活かした技術で戦うタイプ。殺傷能力は十分で、隙を付いたとはいえ最終的に東仙を倒したのは檜佐木である。

タフさ


空座町での藍染との決戦ではアヨンの攻撃によって負傷しながらも狛村と共に東仙と戦った。さらに東仙に斬られながらも最後まで戦い倒しており、細身の外見によらず頑丈であることが伺える。

速力


特別抜きん出た速力ではないが愚鈍なわけでもない。

戦闘技術


風死の形状を活かした変則的な攻撃を得意とし、他隊の狛村と連携しながら東仙と戦った。副隊長の中でも比較的活躍が多く戦闘に長けていることが伺える。

プロフィール

  • 誕生日 8月14日
  • 星座 しし座
  • 身長 身長181cm
  • 体重 体重67kg
  • 好きな食べ物 ウインナー
  • 嫌いな食べ物 ウニ

始解 風死(かぜしに)

解号:刈れ

解放すると二枚の互い違いの刃の付いた鎖鎌に形状が変化する。鎖の部分を持って武器本体を投げるように使ったり、鎖を引き寄せて敵を背後から攻撃したりと多様な攻撃ができる。

檜佐木本人は「命を刈り奪る形をしている」ため風死の形状を気に入っていない。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加