狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)

狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)は阿散井恋次の持つ斬魄刀・蛇尾丸の卍解。巨大な蛇の骨のような形状をした無数の刃節が霊圧によって繋がれており恋次自身は狒狒の骨と毛皮を身に纏う。扱いは始解時とさほど変わらないが一撃の圧が増しているほか刃節が霊圧で繋がれているため連結を断ち切る事ができなくなっている。

尸魂界(ソウル・ソサエティ)篇時点で斬魄刀本体の具象化まではできていたため、一護が卍解の修行を行っている横で先に屈服を完了させて会得した。その後すぐに朽木白哉との戦いで使用するがその巨大な力をコントロールしきれなかったこともあり圧倒的な力の差で敗北した。

攻撃力


朽木白哉に「卍解というだけの圧はある」と言わしめ(と言いつつも封印状態の斬魄刀で受けられていたが)破面(アランカル)イールフォルト・グランツを一瞬で倒すほどのパワーを誇る。

攻撃速度


巨体ながらも白哉の瞬歩に対応するだけのスピードで操作することができる。とはいえ蛇尾丸以上に変則的な動きを売りにした斬魄刀のため正面から突撃させるよりも捻った使い方の方が向いているだろう。

特殊能力


蛇尾丸同様に蛇腹剣の要領で使用することもできるが、その巨体を盾として使ったり刃節をバラバラにして多角的な攻撃を仕掛けたりと使い勝手の良さは向上している。

希少性


一角の龍紋鬼灯丸でさえ形状の変化以外にパワーアップ能力が付加されるというのに、卍解にもかかわらずほぼ形状が変化しただけの斬魄刀もかえって珍しいのではないか。

狒骨大砲(ひこつたいほう)

破面イールフォルト・グランツを倒した技。攻撃シーンが描かれていないため詳細は不明だが、この技を繰り出す前は狒狒王蛇尾丸による体当たりを繰り出し敵を弾き飛ばしており、技の使用後は刃節の連結が解けてバラバラに地面に落ちた。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加