護廷十三隊

日番谷冬獅郎(ひつがや とうしろう)

日番谷冬獅郎(ひつがや とうしろう)は護廷十三隊・十番隊の隊長。護廷十三隊史上最年少で隊長になった銀髪翠眼の天才児で、少年そのものの外見に反して性格は冷静沈着で高い判断力を持つ。ただし熱さをうちに秘めているタイプで時に激情することもある。

続きを読む

松本乱菊

松本乱菊は護廷十三隊・十番隊の副隊長。金髪のロングヘアーと溢れんばかりの巨乳が特徴のグラマラスな女性だが、それに反して性格は男勝りでサバサバしているうえ酒豪でもある。マイペースで、特にデスクワークに関してはすぐに仕事をサボる癖があるためその分の負担がいつも日番谷に回ってくる。

続きを読む

涅ネム

涅ネムは涅マユリが己の遺伝子情報を元にその義骸技術と義魂技術の粋を集めて作った娘。人造の死神だが他の死神と同様に扱われている様子で護廷十三隊の十二番隊副隊長を務め、常にマユリに付き添っている秘書的存在。護廷十三隊の中で唯一ミニスカート丈の死覇装を身につけている。

続きを読む

藍染惣右介

藍染惣右介は元護廷十三隊・五番隊隊長であり尸魂界(ソウル・ソサエティ)篇での騒動の黒幕。謀反を起こすまではその柔和な風貌と常に笑みを絶やさないさわやかな性格から隊外問わず皆に慕われていた。外見からネット上で「某ヨン様」と言われることもあるが謀反後はメガネを外し髪型もオールバックになった。

続きを読む

涅マユリ

涅マユリは護廷十三隊・十二番隊の隊長および技術開発局二代目局長。顔全面に黒い化粧を施し、耳と顎には部品をつけ特殊な形状の帽子をかぶっているほか、自身の体をも改造して様々な武器や仕掛けを仕込んでいるマッドサイエンティスト。

続きを読む

狛村左陣

狛村左陣は護廷十三隊・七番隊の隊長。実は人狼であるためその姿ゆえに疎まれ孤独であったが、山本元柳斎に拾われその恩義に報いるために死神になった。当初は鉄笠に手甲を着用して素顔どころか肌も見せなかったが剣八との戦い以降は隠さなくなった。

続きを読む

東仙要

東仙要は護廷十三隊・九番隊隊長だったが藍染の謀反とともに藍染の部下であったことが明らかになり、その後は虚圏(ウェコムンド)統括官となった。生来からの盲目で褐色の肌とコーンロウが特徴の平和主義者。髪型はその時々によって毎回大きく異なっている。

続きを読む

市丸ギン

市丸ギンは元護廷十三隊・三番隊隊長。一人称は「ボク」で常に薄ら笑いを浮かべ京都弁で話す。その得体の知れない表情と言動から尸魂界(ソウル・ソサエティ)篇では黒幕のような雰囲気を醸し出していたが、実際は真の黒幕であった藍染惣右介の部下であった。

続きを読む

卯ノ花烈

卯ノ花烈は護廷十三隊・四番隊隊長であり初代十一番隊隊長を務めた女性。長い黒髪で巨乳の落ち着いた物腰の淑女で趣味は生け花とほのぼのした印象を受けるが、言うことを聞かない患者や自分の意見に素直に従わない者には冷酷な笑顔で強制することもある。

続きを読む

浮竹十四郎

浮竹十四郎は護廷十三隊・十三番隊の隊長。下級貴族の出身で生まれつき病弱なうえ幼少の頃より肺病を患っており、それが原因で髪の色が白く時折血を吐いて寝込むこともあり隊首会を欠席することもしばしばある。

続きを読む