死神代行篇

因果の鎖

因果の鎖は人間の肉体と魂魄をつないでいる鎖。生きている間は魂魄が肉体に入っているため外からは見えないが、一時的な幽体離脱など何らかの理由で魂魄が肉体から離れた際は自身の魂魄と肉体が因果の鎖でつながっていることが視認できる。

続きを読む

四楓院夜一

四楓院夜一は浦原喜助の無二の親友の黒猫。一見ただの猫だが古風な口調で人の言葉を話すことができるうえ朽木白哉阿散井恋次が現世に来ていることを感知していた。正体は褐色の肌をした若い巨乳の女性で普段は尸魂界(ソウル・ソサエティ)から姿を隠すため猫の姿になっているが本人もこの姿は気に入っている様子。

続きを読む

浦原喜助

浦原喜助は表向きは駄菓子屋・浦原商店を営みながら裏では現世にいる死神に義魂丸や義骸などを売っている闇商人。一人称は「アタシ」で語尾に「~ッス」と付けるのが口癖で、いつも同じ下駄と帽子に甚平を着て杖と扇子を持ち歩いている。

続きを読む

大虚(メノスグランデ)

大虚(メノスグランデ)は幾百の虚が折り重なり混ざり合って生まれたとされる巨大な虚(ホロウ)。メノスとも呼ばれる。ルキアが教本の挿し絵でしか見たことがないと言っていることや雨竜がその存在を知らないことからも滅多に姿を現すことはないと思われる。

続きを読む

本匠千鶴

本匠千鶴は黒崎一護のクラスメイト。かわいい女の子が大好きな生粋のレズビアンで織姫が大のお気に入り。そのため織姫をそっちの道に引きずり込もうと絶えず誘惑しているが毎回たつきに殴り飛ばされている。勉強は一学期の期末テストで一学年中31位と良好な様子。

続きを読む

小島水色

小島水色は黒崎一護のクラスメイト。浅野啓吾と仲がよく一護を含めた3人やさらにチャドを含めて4人でよくつるんでいる。女性は年上が好みで、母性本能をくすぐる容姿や仕草から女心を射止めてしまう年上キラー。今はナオコという女性と付き合っている。

続きを読む

浅野啓吾

浅野啓吾は空座第一高等学校に通っている黒崎一護のクラスメイト。小島水色とは仲がよくいつも一緒で、一護を含めた3人やさらにチャドを含めて4人で行動することもよくある。いつも騒いでいるクラスのムードメーカー的存在だが根は寂しがり屋。

続きを読む

グランドフィッシャー

グランドフィッシャーはかつて一護の母・黒崎真咲の命を奪った虚(ホロウ)。自らは姿を隠し首から生えた疑似餌に人の形をとらせ、それが見えた霊的濃度の高い人間のみを喰らう。54年に渡って死神を退け続け、尸魂界(ソウル・ソサエティ)のデータベースにもしっかりと記録が残っているほどの強力な虚。

続きを読む

黒崎一心

黒崎一心は一護夏梨遊子の父親で真咲の夫。大きな手術以外のことは大抵こなすクロサキ医院の開業医。年中ハイテンションで登場するたびにボケを欠かさないが、一心のウザさを理解している一護や夏梨には先読みされてカウンターを受けることもある。

続きを読む

石田宗弦

石田宗弦は雨竜に滅却師(クインシー)の力と技を教えた師匠であり祖父。滅却師最後の一人として死神達から厳しい監視を受けながらも、常に現世で虚(ホロウ)の襲撃に目を光らせることができる滅却師の必要性を訴え続け、力を合わせて戦う術を模索していたが聞き入れられず5体もの巨大な虚に襲われて死亡した。

続きを読む